2021年7月4日日曜日

7月臨時休診のお知らせ/熱中症にご注意!

 こんにちは、猫の診療室モモです。

7月の臨時休診のお知らせです。

7月22(木)・7月23(金)は臨時休診となります。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解・ご協力のほどお願いいたします。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

7月にになって日差しも強くなり本格的な夏がやってきました。

この時期は人間だけでなく、猫ちゃんも熱中症にかかりやすくなるため、温度・湿度の

管理に気をつけましょう。

熱中症は体温や症状によって治療法は様々ですが、酷い場合は亡くなる可能性もありますので、よろしければ目を通しておいてくださいね。


熱中症になりやすい猫ちゃん

①短頭種 ペルシャ、エキゾチックショートヘア、ヒマラヤンなど

②長毛種の猫ちゃん

③肥満の猫ちゃん

④子猫、高齢の猫ちゃん

⑤基礎疾患がある猫ちゃん 特に心疾患、神経疾患(てんかん、脳腫瘍など)



こんな症状がでたらすぐご連絡を!

①口をあけて息をしている、呼吸が速い

②虚脱、運動失調、意識消失

③震え

④嘔吐・下痢 


動物病院に着くまでにしておくこと

涼しい場所へ移動

水道水で身体を冷やしたり、アイスパックを内股や首に当ててあげる


注意点

氷水は使わないでください!

 末梢血管が収縮して逆に冷えにくくなるほか、皮膚への血流が低下して血栓形成を助長してしまいます。

鎮痛解熱剤は使わないでください!

 消化器や腎臓に障害をおこし、体温調節機能への影響が出るため使用禁忌とされています。

③体温が低下しても内蔵や血液凝固への影響がある可能性があります。また、過剰な冷却も危険です。自己判断せず動物病院にいらしてください。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

以下、前回の記事の再掲となります。

ぜひご活用くださいませ。

病院猫はんにゃが雑誌に載りました!

「ネコお得意技大全」

晋遊舎さんから発行されています。

季節ごとの注意点や健康管理など233のトピックが掲載されています。是非手にとってみてくださいね。



・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

~工事日程~

2021年6月30日(水)~7月下旬(予定)まで


院内の改修工事に伴いまして期間中は

通常通り診察やペットホテルのお預かり等を行いますが

騒音が発生する場合がございます。

患者様にはご不便、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。





・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

新型コロナウイルスの関係で当院で取り扱っている
猫ちゃんの療法食に欠品が出ております。

ご注文はお早めにお願い致します。
また、一度にご注文いただける数量に限りがあるものも
ございますのでお電話にてお問い合わせください。

~現在欠品中(在庫が少ない療法食)~

ロイヤルカナン
ピルアシスト


ヒルズ
k/dシチュー缶,i/dシチュー缶

ピルポケット



(2021/07/04更新)


※その他にも欠品中のお薬などもございますので
一度お電話にてお問い合わせのうえご来院くださいませ。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

飼い主の皆様へのお願い
来院時は原則1名様でいらしていただき、付き添いの方はお車や屋外でお待ちいただきます。
予約外で来られた方は混雑の状況により、改めてご予約をしていただくことがございます。
来院の前にご家族で聞きたいことを話し合ってメモに書いていただくと診察をよりスムーズに行えます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

「不要不急の外出を避けるように」と言われても、
動物の命は待ってくれませんよね。
さらにご家族の方の健康状態などによって、
どれくらいの用事なら外出できるのか
飼い主さんによって環境に違いがあり、
非常に悩ましい場面も多いかと思います。

猫ちゃんの調子が変だけど、
緊急なのかいまいちわからない・・・という場合には
以下をご参考になさってください。


以下の症状は緊急事態です、すぐに病院へ。

・急に立てなくなった

・オス猫は丸1日、メス猫は丸2日、全く排尿していない

・けいれんを繰り返す

・タマネギやチョコレートなど中毒性のものを食べた

・3日ぐらい何も口にしていない

・水を飲んでも全部吐き出してしまうほどの嘔吐が続く

・呼吸が浅い、または異常に深い

・体のどこかから出血があり、圧迫止血しても止まらない



以下の症状は少し様子を見ていても大丈夫です。

(状態を引き続き観察して頂くこと、食欲や元気がちゃんとあることが大前提です)

・便に鮮やかな赤色の血がついた

・数回嘔吐したが、本人はケロッとしている

・布の切れ端などを誤食したかもしれないが、本人はケロッとしている
→嘔吐がなく、排便がいつものペースなら大丈夫です。

・慣れない来客でご飯を食べない

・慣れない移動時に、口でハァハァと呼吸した

・食べ過ぎでの下痢や嘔吐があった

「大丈夫」の見極めはとても難しいので、ちょっとでも心配なら問い合わせましょう。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。


また、新型コロナウイルスとペットにまつわる
ご相談も多く頂いております。
東京都獣医師会HPでもQ&Aを設けておりますので、
リンクを載せておきますね。

飼い主さんに向けて(新型コロナウイルスQ&A)
https://www.tvma.or.jp/public/2020/03/post-66.html

新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを
預かるために知っておきたいこと
https://www.tvma.or.jp/public/items/1-20200406%EF%BC%88COVID-19.pdf

上記でも解決しない場合は、当院または
遠方の方はかかりつけの動物病院にご相談ください。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。


猫の診療室モモ

東京都品川区東中延2-5-7

AM 9:00~12:00(最終受付11:30)
PM 16:00~20:00(最終受付19:00)

休診:水曜日・日曜午後
病院前駐車場あり


ホテル・送迎・往診あり

お待たせしないためと
猫さんどうしの鉢合わせを避けるため、
ご予約優先とさせて頂いております。

ハンドメイドを中心とした猫雑貨販売、
里親募集中の猫さんが遊んでいる様子も
待合室でお楽しみいただけますので、
猫を飼っていない方、飼えない方も
お気軽にご来院ください。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

~記事掲載中~


猫好きの人も猫をよく知らない人も楽しめる、ゆるいものから専門的な知識まで、
猫に関する様々な情報と読物を配信する猫メディア



プロが選ぶお買い物メディア



・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

監修雑誌も好評発売中です!
待合室でお読みいただけます。

↓猫を初めて飼う方におすすめ↓
 

↓猫グッズは結局どれを買えばいいの?!という疑問に答えます↓







0 件のコメント:

コメントを投稿